カテゴリ:未分類

結果の待ち方

何社かの面接を受けて、結果待ちをしている方も多いのではないでしょうか。

一次面接の結果もあれば、 最終面接の結果を待っていることもありますよね。

 

 

「合否を待っている時間が一番つらい」 そんな声を耳にすることがあります。

 

確かに待つ時間は気持ちのよいものではありません。

不安でいっぱいだと思います。

 

しかし、面接で素直な自分を出せたのであれば それでよいのではないでしょうか。

作った自分で内定をとっても、 入社した後にミスマッチが生まれてしまいます。

 

そうではなく、自分らしさを出せたのであれば、 どんと構えていてください。

「あなた」を迎え入れてくれる企業はあります。

適度に振り返りもしつつ、前向きに就活のラストスパートをかけましょう。

カテゴリ:未分類

「内定辞退」の連絡では真摯な態度を心がけましょう

就職みらい研究所によると、2019年6月時点での内定率は70%超。

 

もうすでに複数の内定を保有している方も多いのではないでしょうか?

 

この時期に増加してくるのが「内定辞退」。

 

「第一希望と言ったから気まずい…」「ギクシャクしたらどうしよう…」と
不安に感じる気持ちはよくわかります。

 

ただ、連絡を先延ばしにしたり、そもそも連絡をしないなど
不誠実な姿勢をとるのはちょっと考え物です。

 

就活では縁のなかった企業でも、
入社後にお客様として関わる可能性は十分にあります。

 

気まずい気持ちはわかりますが、ここは誠実な姿勢でこれまでの感謝を伝え、
お互いが気持ちよく次のステップへ進めるよう意識してみてください。

カテゴリ:未分類

ここでいったん深呼吸。

選考の機会が増え、

面接に臨むスタンスにも少し余裕が出てきた頃かもしれません。

 

ガチガチになっていた当初と比べると、

「落ち着いてスラスラ話せるようになってきた」 という感覚があるのではないでしょうか。

 

ここでいったん冷静に、自分自身を見つめ直してみましょう。

 

練りに練って準備してきた自己PRを全て完璧に伝えよう、と

一方的に喋ってはいませんか?

 

面接官に伝えたい思いが募りすぎて、

ついつい話が長くなりすぎてはいないでしょうか。

 

反対に、 どう伝えていいのか分からない、

うまく伝えられる自信がない…という場合は、

キャリアセンターに相談したり、友人を相手にフィードバックをもらうなど、

客観的な視点で振り返りをする機会を設けてみましょう。

 

ゴールまで、あともうひと踏ん張りです。

得たものを明日に繋げていきましょう。

カテゴリ:未分類

「メモ」を取る習慣をつけよう

6月に入り、いよいよ経団連加盟企業の採用が解禁となりました。

 

連日のように面接や面談に追われている方も多いと思いますが、

その際にぜひ意識していただきたいのが「メモ」を取ることです。

 

メモを取ることには大きく2つの効果があります。

 

1つ目は、あとから振り返りができること。

 

面接や面談の際、心に残った言葉やエピソードがあると思います。

 

メモを取らないと忘れてしまう可能性が高いですが、

きちんと文字にして残すことにより情報や心の整理を行うことができます。

 

2つ目は、相手に傾聴の姿勢がより伝わること。

 

面接や面談の際にメモを取ると、

「この学生はよく話を聞いている」と相手からの心象がよくなります。

 

ただ、メモを取ることに夢中になりすぎて、

ずっと俯き加減で話をすることがないように気をつけてくださいね。

 

カテゴリ:未分類

自分はどんな働き方をしたいのか、立ち戻ってみよう。

そろそろ内定をとる友人も周りに出てきて、

もしかしたら焦り始めている方もいるのではないでしょうか。

 

もちろん内定を取ることは重要です。

「どこでもいいから内定が取れたところに…」と考える気持ちもわかります。

 

しかし【内定を取って入社することがゴールではありません】

入社してからあなたがどう働くか、自己実現していくか。

それがなによりも大切です。

 

 

改めて

・将来どんな自分になりたいのか

・実現のためにどんな企業に入りたいのか

・入るためにはどんな就職活動をしようか

 

 

立ち戻って考えてみましょう。

ぜひ将来を見据えた就職活動を心がけてみてください。

カテゴリ:未分類

第3回目  6/3合同企業説明会&セミナー

キネット2020

 

合同企業説明会&セミナー

2019年の就活本格スタート!

第3回目を6月3日に実施します!

県内の多彩な業界・企業について理解をするチャンスです。

午前中は、就職コンサルタントによる就活セミナー、

午後からは企業担当者がブースごとに企業紹介を行います。

ぜひ、ご参加ください!

 ▼日時: 2019年6月3日(月)

   

第1部 10:30~12:00 就活セミナー

   

第2部 13:00~16:00 合同企業説明会

 ▼場所:とやま自遊館 ホール

 

 

富山市湊入船町9-1 会場アクセスはこちら

参加無料・予約不要・出入り自由

ご来場の際は、公共交通機関をご利用ください。

【第1部 : 10:30~12:00】 

就職コンサルタント・長井 亮 氏による就活セミナー

就活のプロが本格化している就活の進め方のポイントを

徹底解説するセミナーです。皆さんの就活にきっと役立つ内容と

なっていますので、ぜひご参加ください。

<長井亮氏プロフィール>
富山県生まれ。1999年青山学院大学経済学部卒業。
株式会社リクルートエイブリック(現リクルートキャリア)に入社。
連続MVP受賞などトップセールスとして活躍後、株式会社リクルートを経て、2009年に人材採用支援会社、
株式会社アールナインを設立。
これまでに1,200社を超える経営者・採用担当者の相談や、5,000人を超える就職・転職の相談実績を持つ。
「会社では教えてくれない仕事のルール(クロスメディア・パブリッシング)」
「今こそこんな上司は辞めなさい!(明日香出版)」「仕事のやってはいけない!(クロスメディア・パブリッシング)」
「20代で身につける成長の法則(高橋書店)」など電子書籍、翻訳本を含め9冊の著書がある。

【第2部 : 13:00~16:00】

各企業ブースで企業紹介を聞きながら、会社内容や仕事内容を研究します。

さまざまな業種の県内企業が約54社が参加予定です。

ぜひご参加ください!

※各企業ブースにて、1コマ30分で会社紹介を行います。

 参加者の方は、説明を聞きたいブースまでお越しください。

 終了後は、5分の移動時間の間に、次の企業ブースに

 移動していただきます。 

※会場受付で「自己紹介カード」をご記入いただきます。

 履歴書等は不要です。公式サイト:キネット就活ナビからダウンロードもできます。事前に記入し当日持参いただくとスムーズに面談できます。

参加予定企業 ※5月27日現在※ 

 

川田ニッティンググループ【繊維・アパレル】

コンチネンタル【鉄鋼・金属】

酒井建設【総合建設業】

佐藤鉄工【金属製品製造業】

大同産業・シーデーエルグループ【商社】

タカノグループ【建設・住宅】

チューモク【注文住宅・住宅資材販売】

ドアメンテナンス【サービス業】

トナミ運輸【運輸】

中田モータース【自動車関連】

日産サティオ富山【自動車関連】

ピューマ【自動車関連】

ホンダカーズ富山(株式会社ホンダ自販タナカ)【自動車関連】

マルエツ電機【製造業】

ミズノマシナリー【製造業】

ヤマシタ【製造】

理研産業【百貨店・スーパー・小売業】

 

サンエツ【小売業】

(順不同)

 気になる企業や話を聞いてみたいと思う企業を

 合同企業説明会までにぜひチェックしておきましょう!

◎第2部からの参加ももちろんOK!途中参加も可能です!

——————————————————————————————————————————————————-

<お問い合わせ>北日本新聞就職情報センター(北日本新聞社営業局内)

TEL 076-445-3337(平日9時~17時)

FAX 076-445-3338

kinetweb@kitanippon.co.jp

カテゴリ:未分類

「即レス」を意識しよう

普段、社会人の方と連絡を取る機会の少ない就活生にとって、

電話やメールのマナーは気になるところだと思います。

 

「御社」と「貴社」の違いは何だろう…

この敬語の使い方、間違ってたらどうしよう…

たくさんの不安があると思いますが、

まず何よりも意識していただきたいのが「即レス」です。

 

たとえば、日程調整の連絡に即回答してくれる学生と締切ギリギリに回答してくれる学生、

どちらが好印象なのかは明らかですよね。

 

もしも日程調整に時間がかかりそうな場合は、

「現在予定を調整しておりますので、今週末までにお返事させていただきます」と

状況を知らせておきましょう。

相手に安心感を与えることができます。

 

また、お礼メールに関しても次の日になってから受け取るのと、

当日のうちに受け取るのでは後者のほうが圧倒的に嬉しいです。

 

「鉄は熱いうちに打て」

 

就活で社会人の方と連絡を取る際には、

ぜひ即レスを意識してみてくださいね。

カテゴリ:未分類

居酒屋でおすすめを頼まない!

要するに「決断経験を積んでいますか?」ということです。
びっくりされることが多いのですが、その昔私はものすごく優柔不断でした。
今もプライベートで1万円以上のものを買うときには、即断ができず悩みに悩んで買っています。

 

それはプライベートですが、ビジネスにおいてはかなり早く決断ができるように
なったなぁと思います。

 

それはまさに題名の「居酒屋でオススメを頼まない!」ということを実践してきたからにほかありません。

 

居酒屋でオススメを頼むということは【自分で決めること】を放棄しているのと同じこと。
自分なりの判断軸を持ち、その上でオススメを聞くのはよいですが
そうせずに判断を相手に委ねてしまうことがよくないということを書いています。

 

これは、就職活動も同じだと思います。
「親に勧められた業界だから」
「人気企業のランキングで上位だから」
もちろん参考にすることは大切ですが、
時におすすめだけで考えず、自分なりの判断軸を持ち、就活してみましょう!

カテゴリ:未分類

お祈りメールをもらったときの考え方

「今回の選考について慎重に検討を行いましたところ、
誠に残念ではございますが、貴意に添いかねる結果となりました」

 

就活において誰もが1度は経験するであろうお祈りメール。

 

お祈りメールを頻繁に受信するようになると、
自分はダメなんだと落ち込み、自己嫌悪に陥ってしまう方も多いと思います。

 

しかし、不採用になるのは決してあなたがダメだからではありません。

 

あなたの価値観やビジョン、適性等が企業の求める人物像と「合わなかった」。
それが理由であり、不必要に落ち込むことはありません。

 

むやみに自分の悪いところを粗探しするのではなく、
「自分とは合わない企業だったんだ」と前向きに捉えるようにしましょう。

 

いちばん最悪なのは、
本来の自分を殺して企業が求める人物像に近づけることです。

 

もし、取り繕ったキャラで本選考に臨み、内定を獲得できたとしても
確実にミスマッチが起き、入社後に苦しむことになります。

 

ありのままのあなたを歓迎してくれる企業は必ず存在します。
お祈りメールに憂うことなくポジティブな気持ちで就活を進めましょう。

カテゴリ:未分類

ドタキャンについて、もう一度考えてみよう

学生の皆さんから

「迷ってしまったから、説明会に行かなかった」

「面談すっかり忘れてしまって…、連絡も怖くてできなくて」

という声をよく耳にします。

 

しかし企業側としては、どうなのでしょうか。

さまざまな業務があるなか、あなたのために時間や場所を確保し、

内容も準備していることが容易に想像できますよね。

 

その企業に就職はしなくても、同じ業界同士なら繋がる機会は多くあるでしょうし、

たとえ業界が違ったとしても、 いつあなたのお客様として関わることになるか、わかりません。

 

もちろん遅刻欠席はない方が好ましいですが、

不測の事態が起こったときは、 担当の方へ早めの連絡をしましょう。

それだけで企業からの印象はガラリと変わります。

 

ぜひ、人との繋がりを大切にしながら就職活動を進めてください!