筆記試験対策について

皆さんが気になるのは筆記試験ではないでしょうか?
どれだけ勉強しなければいけないのか?何を勉強すれば良いのか?疑問に思うかと思います。
まずそもそも筆記試験は何に使われるのでしょうか?

 

そうです。足きりです。

 

特に大手企業には応募が殺到します。全部が全部面接で見るわけにはいかないので、ある程度絞込みをする必要があります。その際に筆記試験が出てくるのです。

 

ということは、筆記試験をがんばったからといって内定が出るわけではないのです。

 

となると、足きりされない程度の力をつけておく必要があります。

 

試験は大きく分けて3つあります。
1. 適性検査
2. 一般常識
3. 小論文

 

ほとんどが1の適性検査です。適性検査ではSPI2が一般的です。SPI2では小学校・中学校の時の基礎学力と、適性(性格)をみます。この適性(性格)は入社後の配属先の参考にしたり、今後の採用の基準に使ったりされます。皆さんの適性に応じて会社では使うので、変に性格を変えて答えてしまうと、入社してから困ることになる可能性があります。あくまでも基礎学力の部分だけをクリアするようにしましょう。薄めの問題集を解くことで、小学校・中学校の時にやっていた計算などが思い返すことが出来ると思います。

 

また適性(性格)の部分は、企業によってはオリジナル問題を作っているところがあります。先ほど同様、嘘をついて答えたことによって配属が困ったことになると目も当てられませんので、ありのままの自分を出したほうが良いと思います。

 

SPI2以外の適性検査として
GAB、TAPなどあります。

 

2の一般常識ですが、業界によって出される問題は違います。企業によっては前述の適性検査のように基礎学力を問うような問題と時事問題などを出します。適性検査の勉強をすることが一般常識の対策にもなりますので、SPI2を勉強しておけば無難かと思います。さて業界ごとの問題ですが、分かり易い例で言うと、旅行業界は地理の問題、証券会社だと株や円についての問題など各業界に関係する問題となります。普段から新聞などをチェックしておいて下さい。
北日本新聞の購読はこちら(北日本新聞購読ページへ)

 

3の小論文は大学のレポートのようなイメージです。普段からあらゆる問題に対して、自分なりの意見や考えを持っておかないと、すぐに答えられるものではありません。日ごろから新聞やニュースなどをチェックしておいてください。また文章力が求められますので、ブログなどで自分なりの意見をまとめて発言することも良い練習となります。