HOME立山科学グループ>篠原おりえ
先輩社員メイン画像

研究への取り組み

 サイズがわずか100万分の1ミリという、超微細の金属の粒である金属ナノ粒子。その性質の特異性から、近年、さまざまな分野で研究・利用が進んでいます。当社でのその開発目的は2つ。ナノ粒子を応用して新たな製品開発に役立てることと、粒子自体の製造技術の高度化です。

 私は電子部品の開発部門を経て、5年前から同事業に取り組んでいます。扱う金属は現在、10種類程度。用途としては電極材料、微細配線、触媒などがありますが、市場としてはまだ発展途上にあります。どんな製品に応用できるかについても研究段階を脱しておらず、各社が先陣を競う状況です。

深化する技術テーマ

 当社の場合、電子部品材料に使えるのではないかとの発想から研究をスタートしましたが、ナノ粒子の特徴が明らかになるにつれ想定される応用範囲は多分野に拡大しつつあります。そうしたなか用途に最適な金属材料の選定、さらには製造条件の最適化に向けた技術データの集積に力を注いでいます。

 最良の材料選定でコストダウンが図れたり、新しい金属材料への挑戦で新たなナノ粒子を産み出したりできれば、当然、その実績への評価は高く、確かなやりがいにつながります。そこで現在、どのメーカーも手を着けていない新しい金属でのナノ粒子化に意欲的にチャレンジしています。

働きやすい職場環境

 顧客との接触から実験・試作・製品化まで一貫してタッチできるので研究の面白さは存分に味わえていますが、私自身の知識不足は否めません。とはいえ所属グループにはいろんな分野の専門家がそろっているので、カバーしてもらえる利点はあります。

 開発チームは連携を重視し、仕事を分担する習慣が確立されています。このため有給休暇や育児休暇も希望どおり申請できる環境にあり、育児を終えて会社に復帰しても以前と同様のポジションで引き続き仕事をすることが可能です。結婚している私の場合、これからの出産・子育て・職場復帰にも何ら不安はありません。
プロフィール
篠原おりえ
職種 研究開発
星座 かに座
出身地 射水市
年齢 30代

趣味は旅行で、国内も海外も数多くの場所を旅行しました。旅行の計画も楽しく、調べているうちに行きたいところがどんどん増え、旅行先では、慌しく動いています。今までで、かなり多くの世界遺産を見てきました。まだまだ行きたい場所が多く、頑張って働いて、趣味も楽しんでいきたいと思っています。
その他の趣味としてキャンプがあります。外で料理をして、食事をし、寝るときはテントです。ずっと外で過ごすのですが、大自然の中で、ゆっくりと時間が過ぎ、とても気持ちが良いです。

自己分析結果:
B.受容協調タイプ

趣味は旅行で、国内も海外も数多くの場所を旅行しました。旅行の計画も楽しく、調べているうちに行きたいところがどんどん増え、旅行先では、慌しく動いています。今までで、かなり多くの世界遺産を見てきました。まだまだ行きたい場所が多く、頑張って働いて、趣味も楽しんでいきたいと思っています。 その他の趣味としてキャンプがあります。外で料理をして、食事をし、寝るときはテントです。ずっと外で過ごすのですが、大自然の中で、ゆっくりと時間が過ぎ、とても気持ちが良いです。

立山科学グループ
ブックマークする

社内社員リレー 社内社員リレー

  • 先輩社員
  • 先輩社員
  • 先輩社員