HOME株式会社ミズノマシナリー>森田 文裕

株式会社ミズノマシナリー

ブックマーク 企業情報へ エントリーする
先輩社員メイン画像

製品の質と作業効率が課題

プレート類を中心に航空機関連など、幅広いアルミ製品の加工を担当しています。作業では図面どおりの精度やキズのない表面仕上げと同時に、工具交換の時間短縮など加工手順が重要なポイント。自分一人で考えるべきところですが、まだ先輩に頼ることも。特に長い加工時間を要する複雑な形状の製品が対象だと、やりがいを感じていつも以上にモチベーションが上がります。
最近、大型でブロック状の航空機関連製品を手掛けましたが、加工が複雑で難しかった分、完成時には達成感もひとしおでした。1年ほど前から少しずつ5軸加工機による作業にも取り組みを開始しましたが、まだまだ使いきれていません。これを駆使する域に到達するまでには、あと何年かかるか分からないというのが正直な気持ちです。

技術力を実感できるステージ

作業効率のアップに向け、加工前に行う段取り時間も確実に短縮できている感じ。比較的大型の製品を任されるようになったのも、実力を認められた成果といえるかもしれません。しかしながら高性能の5軸機の扱いでは経験も浅く、せいぜい製品の2面を同時加工するのが精いっぱい。この最新鋭機械の性能をフルに活用し、4~5面を同時に加工できる技術を早く身につけたいものです。
少年時代はプラモデル作りに没頭するなど、何かを作るのが好きでした。ただの材料のかたまりから1つの形が生まれる、その過程がモノづくりの魅力です。私は多少飽きっぽいところがあり、生産ラインで同じ物を作り続けるのが苦手。このため新しい製品に次々と挑戦できる現在の職場環境は、楽しさを味わえるとともに、日に日に経験が備わっていくのを実感できるステージでもあります。

後輩を指導する機会も楽しみ

5軸加工機を主力に、加工技術をさらに高めるのが当面の目標。そのためにも、多少は自分でもプログラムを組めるだけの力があった方がいいと思っています。むろん効率という面で加工作業との両立は無理でしょうが、少しでも付加価値を高められたらとの思いです。それは日ごろ生産現場にいて、工具の動きなど加工ノウハウに常に接している者としての自負なのかもしれません。
これからは後輩を指導する場面も増えてくるでしょう。その時は機械の使い方だけでなく、加工手順の組み立て方などについても伝えていけたらと思います。一方、プライベートな時間ですが、スポーツは見るよりもする方が好き。冬はスノーボードを楽しめる絶好のシーズンなので、月に2回程度はゲレンデに足を運べたらいうことはありません。
プロフィール
森田 文裕
職種 製造・生産・化学技術
星座 いて座
出身地 高岡市
年齢 20代

体を動かすことが好きで、休日にはテニスやボーリング、冬にはスノーボードをしています。

自己分析結果:
B.受容協調タイプ

体を動かすことが好きで、休日にはテニスやボーリング、冬にはスノーボードをしています。

オフ
千里浜で潮干狩りをしていて思わぬ獲物をゲット!
 
古洞の森にてバーベキュー!
食後のスイカを使って。。。
 
株式会社ミズノマシナリー
ブックマークする

社内社員リレー 社内社員リレー

  • 先輩社員
  • 先輩社員
  • 先輩社員