HOME株式会社ヤマシタ>友井貢
先輩社員メイン画像

未知の業界、でも製造品を知って親近感を覚えた

 中学、高校と陸上に打ち込み、大学はマラソンの高橋尚子さんを輩出した大阪学院大学に進学。駅伝で活躍しました。陸上三昧の大学生活でしたが、卒業後は仕事と陸上を両立させて、ゆとりのある生活がしたいと思い、一人暮らしより実家暮らし、マイカー通勤ができるUターン就職を選びました。
 企業探しは最初迷いましたが、父が製造業だった影響もあってモノづくり系の会社に興味をもちました。自分には専門技術はないけど、自分が関わった製品が市場に出て、人の役に立つのはいいことだと思ったからです。
 15社ほど見学した中で一番好印象だったのが当社。いつも走っていた陸上競技場の聖火台を手掛けたのが当社だと知り、縁を感じ、入社を決めました。

ジョブローテーションで入社時の不安を解消

 金属や機械の知識ゼロでの入社。ちゃんとついていけるのか、間に合うのか。そんな不安を払拭してくれたのが「ジョブローテーション」という新人研修でした。営業職に就くには社内の仕事内容や製造工程を把握していることが大前提…。ということで入社直後の5月から3カ月間、設計や溶接、板金、組立加工など社内7カ所の現場を数週間ずつ研修し、最後には習得した技術でステンレス製の額を制作しました。
 おかげで仕事の流れを理解することができ、全社員に自分の名前を覚えてもらうことができました。「ジョブローテーション」は来年も実施するそうです。もし、この業界が未知の分野だとしても、研修を通して先輩がしっかりサポートしてくれるので大丈夫。意欲と元気があればやっていけると思いますよ!

現場の刺激を受けながら自分も成長していきたい

 営業部に配属されて約1年になります。既存先からの受注をもらい、予算や納期、製造方法、完成品の配送方法などを聞いて仕様書を作成。そのデータを設計部や工場に伝達します。お客様の要望や情報をしっかり把握していないと、現場スタッフに迷惑をかけたり、納品後のトラブル発生にもなり兼ねないので、どんなに小さな情報でもきちんとデータ化することを心がけています。
 今年に入って初めて、先輩から客先を譲り受けました。先日、自分名義でFAXが届いた時は、嬉しさで高揚した一方で、責任感も実感しました。これからはお客様と直接会う機会も増えていきそうです。ヤマシタという会社を背負う営業マンとして、今後も誠実な対応に努めていきたいと思っています。
プロフィール
友井貢
職種 営業
星座 ふたご座
出身地 魚津市
年齢 20代

自己分析結果:
B.受容協調タイプ

株式会社ヤマシタ
ブックマークする

社内社員リレー 社内社員リレー

  • 先輩社員
  • 先輩社員
  • 先輩社員