HOME株式会社協和製作所>新井 浩光
先輩社員メイン画像

良質な部品づくりのために、速く正確に

 鋳型の内側にある中子(なかご)は、油圧部品や産業部品のさまざまな形状を出すために欠かせません。私は、その中子を鋳型の中に納める作業をしています。また、中子は製造過程でガスを抜かないと欠陥品になってしまいます。社内で中子を造る場合は、欠陥品にならないよう注意して、乾燥や上塗りなどの段取りを考えています。
 2013年の入社以来、同じ仕事を続けていますが、今も中子を正確に納めることは難しいですね。中子が5ミリほどずれてしまうと、不良として捨てられてしまいます。慎重に行う必要があるのですが、ラインスピードに合わせなければいけないので、その兼ね合いが難しいところです。中子がうまく納められたときや製品がきれいに仕上がったとき、社内報でお客様の喜びの声を知ったときに、やり甲斐を感じます。

視野を広げて、品質・効率アップ

 新高岡駅のエレベーターの部品には、自社製品が使われています。身の回りに使われていても、目に見えないことが多いので、こういうふうに使われているんだと知ったときは、とても嬉しいですね。特にエレベーターは、人の命に関わる重要なものなので、社会の役に立っているんだなと実感できることも大きな喜びです。
 今の課題は、中子納めだけでなく、品質を左右する設備のメンテナンスや故障時の対応なども上手になっていくこと。ラインは造形から鋳造までつながっているので、どうしたら最終的に良いものができるのか、製造工程をトータルで見るよう心がけています。先を見据えて行動することで、品質・効率アップにつなげていきたいと思っています。

入社の決め手は、多種多様な製品づくりができること

 小さい頃からものづくりに興味があったため、地元の製造業に絞って就職活動をしました。しかし、文系はなかなか難しく、心が折れかけそうな時に、当社が文系も募集していることを知りました。説明会では、社員の方々の生き生きとした仕事ぶりを目にし、大小問わず多種多様な製品を造ることができること、そして自社製品が身の回りに多く使われていることを知ったことが、入社の大きな決め手になりました。
 入社後は、外部研修や鋳造の講習会の他、社内教育などによって多くのことを身につけることができました。社内も和気あいあいとしたいい雰囲気です。イベントやクラブ活動も活発で、以前、リレーマラソンに出場した時はタスキをつなぐのが楽しかったですね。プライベートでは、社会人クラブチームで野球をしたり、友人と食事に行ったりしています。プライベートが充実すると仕事も充実するタイプなので、大切な時間です。 
プロフィール
新井 浩光
職種 製造・生産・化学技術
星座 しし座
出身地 氷見市
年齢 20代

趣味は野球です。するのも観るのも好きで、特にプロ野球を観ています。
ジャイアンツのファンクラブに入っていて、月1回ペースで東京ドームに行くほどのファンです。

自己分析結果:
B.受容協調タイプ

趣味は野球です。するのも観るのも好きで、特にプロ野球を観ています。 ジャイアンツのファンクラブに入っていて、月1回ペースで東京ドームに行くほどのファンです。

オフ
草野球チームの集合写真です(1列目中央)。
 
仲のいい友人と食事をしている時の写真です(写真左)
 
株式会社協和製作所
ブックマークする

社内社員リレー 社内社員リレー

  • 先輩社員
  • 先輩社員
  • 先輩社員