HOME立山科学グループ>吉國純平
先輩社員メイン画像

仕事の内容と課題

 給湯器や燃料電池などに使用され、有毒ガスを検知するセンサー部品の設計・開発に携わっています。設計については、いかに特性に優れた材料を選定するかが重要なポイント。開発では試作・実験で試行錯誤を繰り返すのが常で、苦心の結果として良い特性が実現できたときの喜びは大きいものがあります。

 技術上の課題は、幅広い有毒ガス濃度に対して高感度の検知能力を持たせること。特に高濃度ガスについては、被毒現象から感度が劣化しないよう注意を払います。この部門に配属になってまだ1年足らずですが、地道な取り組みが功を奏しているのか、実験結果にも着実な成果が現れています。

仕事の喜び・やりがい

 以前は電子回路を静電気から保護するチップ部品の開発を担当していました。その当時、回路実装の効率化を狙い、かつてなかった部品形状を考え出し、結果としてコスト削減の要望も達成できた経験があります。自分のアイデアが採用され、実を結んだことにとても感激したものです。

 お客様のコストダウンに対する要請の厳しさは、現在のセンサー部品についても同様です。それに加えて、高湿度や高温、振動といった劣悪な環境下でも高感度を維持する技術的な難しさがあります。でも、自由にチャレンジさせてもらえる職場の雰囲気が、あらゆる意味で好結果につながっているように思います。

必要とされる姿勢

 趣味はバイクいじりとプラモデル作り。最近では50ccの原付バイクを、市販のパーツを利用して85ccに改造しました。手先を動かして何か新しいものを生み出す、そんな「ものづくり」の世界がたまらなく好きなんです。自分が手掛けた製品が量産化され、市場に普及していく。それは、まさしく夢がかなった姿です。

 製品が市場に出てクレームがつかないようにするには、設計段階が肝要。その設計には幅広い知識が必要なので、旺盛な好奇心で何にでも興味を持って取り組む姿勢が求められます。それは私自身の課題であると同時に、これから入社してくる人にとっても大事なことかと思います。
プロフィール
吉國純平
職種 研究開発
星座 やぎ座
出身地 高岡市福岡町
年齢 20代

休日は、バイクいじりやプラモデル作りを楽しんでいます。

自己分析結果:
C.論理探求タイプ

休日は、バイクいじりやプラモデル作りを楽しんでいます。

立山科学グループ
ブックマークする

社内社員リレー 社内社員リレー

  • 先輩社員
  • 先輩社員
  • 先輩社員