HOME自衛隊富山地方協力本部>大川綾子

自衛隊富山地方協力本部

ブックマーク 企業情報へ エントリーする
先輩社員メイン画像

練習艦「かしま」の乗組員として実習を成功させる

2011年4月に入隊しました。幹部自衛官として必要とされる能力を身につけるため、海上自衛隊幹部候補生学校(広島県江田島市)で学びました。
艦に乗る幹部は基本的に1年ごとに配属が変わります。私は横須賀の護衛艦で通信士の任務に就いた後、練習艦「かしま」に配属になりました。現在は水雷士の勉強をするために短期の学校にも通っています。
練習艦「かしま」の最大の任務は幹部候補生を卒業した実習幹部の遠洋航海実習を成功させることです。各国海軍との友好を深めるとともに、実習幹部の身近な先輩として、後輩たちによりよい実習と訓練の機会を提供したいと思います。

印象的だった海外での現地交流

横須賀の護衛艦で任務にあたっていた2013年7月、パシフィックパートナーシップ2013の活動の一部として医療活動支援のため、パプアニューギニアに行きました。これはアジア太平洋地域諸国を艦艇などで訪問し、米軍、豪軍、自衛隊などがNGOなどの民間団体の協力を得て、現地住民に対する医療活動や文化交流などを行うものです。
私は補給品調達や現地での各国軍との調整、レセプションでの通訳など英語力をいかして主体的に携わることができました。
現地の子どもたちに日本の文化を知ってもらおうと、皆でアイデアを出して持っていったのはけん玉や習字道具など。子どもたちの名前を漢字にして書いてあげるとみな喜んで、子どもたちは自分の名前の書かれた半紙をずっと持ち歩いていたのが楽しかったですね。大変有意義で、印象に残っている活動です。

何よりも人を大切にする組織であることが魅力

職業としての自衛隊を知るきっかけは説明会でブースに立ち寄ったこと。自衛隊の組織力や即応性、何より人を大切にする点に魅力を感じ、入隊を希望しました。また、私は英語を使って仕事をしたいと考えていたため、陸空自衛隊に比べ他国の海軍や政府との関係が深い海上自衛隊を選びました。実際に海外に行く機会もありますし、米軍の艦が日本に入艦してくると、「ホストシップ」として彼らをもてなし交流することもあります。
自衛隊には様々な職種があり、それらすべてが一つの組織として成立するため欠かせない任務を担っています。そのため、幅広い知識が求められますが、何事にも興味をもって全力で取り組める人や、自分の仕事に責任を持ち、取り組める人に入隊してほしいと思います。
プロフィール
大川綾子
職種 公務員
星座 おひつじ座
出身地 富山市西部
年齢 20代

ポラロイドカメラが好きで、よく写真を撮ります。学生の頃はオーストラリア、アメリカ、タイなど海外旅行に多く行きました。中・高校ではソフトテニス部に所属していました。

自己分析結果:
B.受容協調タイプ

ポラロイドカメラが好きで、よく写真を撮ります。学生の頃はオーストラリア、アメリカ、タイなど海外旅行に多く行きました。中・高校ではソフトテニス部に所属していました。

オフ
休日に天橋立の風景をバックに撮った写真です。
 
海辺で、子亀を捕まえた時の写真です?
 
自衛隊富山地方協力本部
ブックマークする

社内社員リレー 社内社員リレー

  • 先輩社員
  • 先輩社員
  • 先輩社員